つれづれなるままに…

文字が織りなす気ままなセカイ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

「私」の「夢」

こんにちは、緋龍です。
ちょっとだけ風邪を引いていますが、気力で直します。

まあ、そんなことはさておき、今回は(も?)アニメの感想を。
タイトルの時点でお気づきの方もいらっしゃると思います。
そう、アイドルマスターです。…って、前も同じフリでしたね。でもそんなことは気にしない。
それでは本題に。
長くなりそうなので、追記に&あらすじはところどころカットということで。
お時間があればどうぞ。



23話「私」。
ニューイヤーライブを成功させようとする春香と、それぞれの仕事で忙しくてなかなかそっちに手が回らないアイドルたちのお話でした。

街中には、765プロのアイドルが出演しているTVや広告がいたるところに。
ラーメン広告のデコトラにいた貴音さんには吹きました。

事務所での会話。小鳥さんに身体を心配されたり、プロデューサーにパンフレットを見せてもらったり。
やっぱり春香のやる気はノンストップ!

とある生放送前。時間があるからライブの練習をしようと言う春香に、真は「生放送に集中しよう」と。真の視線の先には、新曲の確認をしている雪歩の姿が。
そして本番。雪歩はセンターの重圧に負けずに歌いきりました。
春香、続いて真に抱き着く雪歩。二人も雪歩の成長が嬉しそう。

そういえば、この3人、田舎のライブのときと同じ組み合わせですね。

全体練習。なかなか全員が集まれない上に、中止になることも。春香の不安は止まりません。

春香の様子がおかしいことから、海外レコーディングを延期しようと言い出す千早。でも春香はそれを制して送りだします。
「ちょっと寂しいけどね」
と、嘘をついてまで。たぶん、相当寂しいはずです。

ミュージカルの主役について美希と話します。
どっちが主役になってもいいからいっしょにがんばろう、と言う春香。
絶対に主役になって、その姿をプロデューサーに見せたい美希。

想いは、すれ違う。

ニューイヤーライブを成功させようとがんばる春香は上手く行かなかったとき、自分の頭にこつん。
まるで、「もっとしっかりしないと」、と自分に言っているようでした。
でも、そうするたびに春香はどんどん追い詰められていく。観ててつらかったです。

春香がまた事務所へ。プロデューサーはそのときは不在。(なぜか)掃除をしていた社長が伝言を預かろうとしましたが、春香はいいです、と事務所の扉を閉め、頭にこつん。

寂しかったんですね、春香…。

春香とプロデューサーの会話。
社長から春香の訪問は聞いていた様子。気が利きますね、プロデューサー。
春香が何かを口にしようとしたとき、美希が来ちゃって…。
ほんとにここは空気読んで欲しかったですね。美希も悪気があったわけではなかったとは思うんですけどね…。

最後の、プロデューサーが落ちたシーン。春香の虚ろな表情がまた…。
黒バックに文字とBGMのみのEDや、プロデューサーの容態を心配する社長やりっちゃん、小鳥さん、美希、そして、春香の涙。
きつい展開でした…。


24話「夢」。
春香の想い、千早の願い、そして、みんなの原点。

冒頭の病院のシーン。社長がプロデューサーの容態を説明します。
それから、アイドルたちに今すべきことを示しました。

プロデューサーはなんとか命拾いしたようで。それでも、とんでもない大怪我を負っていました。
生きててよかったです。もしものことがあったら春香はたぶん…。

自責の念に押し潰されそうになっている春香を、心配する千早。
移動中の車内で訊きます。
「春香、だいじょうぶ?」
「…だいじょうぶ」
空白の後の返事。春香は千早と目を合わせようとせずに。

全然だいじょうぶそうじゃなかったです。弱さを隠そうとする姿は見ていられなかったです。


23話のミュージカルは春香が主役に。でも、その決め手のシーン、あれはもはや演技じゃなくて本心だった、そうとしか思えなくて…。台詞に過去の映像が重なるのも…。

たった一人、電車の中。携帯電話のメールを確認…するだけで中身を見ようとはしません。
ただ、プロデューサーからの一通だけを開き、悲痛な声でその名を呼ぶのでした。

事故以前にもましてニューイヤーライブの練習をしようとする春香。なんと、ミュージカルを含めて、ほかの仕事を全部休むと言い出して。
りっちゃんと美希の説得がありましたが、
「春香は、どうしたいの?」
美希の、一言。これが、決定打でした。
「わたし、どうしたかったんだろう…?」
なんとか保っていた春香の心は、限界を超えてしまって…。

美希も間違っていないし、春香の言うこともわかる。何が正解なんて簡単には見つからない。


トレードマークとも言えるリボンを解いて、ベッドに仰向けになる春香。
机の上には音楽プレイヤーと楽譜が置きっぱなしでした。

からっぽな表情で天井を見つめているのがすごくせつなかったです。


そのころ、千早はプロデューサーの病室に。
「どうしたらいいかわからない」
と相談しに来ていました。
内容は直接口にしません。「家族」で765プロを例えました。
でも、プロデューサーには伝わりました。そして千早に一言。すべてを任された千早は走ります。


千早も成長したと思います。
「家族」。千早にとってはとても重いもの。でも、そう言えるほどの存在なんですよね、765プロって。
はじめの頃とはずいぶん変わってきていると思います。


母親におつかいを頼まれた春香。
「ほんとうにしたかったこと」について考えながら歩いていると、偶然Jupiterの冬馬と会いました。
口を開くなり悪態をつきますが、春香の様子を察したのか、すぐに話題転換。
ライブをする、とのことで、春香を招待。
961プロから移って、小さな会場しか取れなくなったけど、スタッフたちといっしょに仕事ができて楽しい、と。765プロの『みんなでいっしょに』というやり方を見習ったと。
「すぐに追いつく」
と一言残して、仲間の元に。春香は何かを感じていたみたい。

春香の鬱まっしぐらな様子は観ててほんとつらいです。
それから、まさかのJupiter登場。さらにデレ冬馬。
Jupiterも悪者じゃなかったんですね。ただ、気づくのがかなり遅かっただけで。
でも、冬馬も楽しそうだし、それでいいと思います。


一方、千早。
みんなをいつもの練習場所に集めました。
春香と、そして、千早の願いである、『みんなでいっしょに』ということを。
唯一遅れた美希は単独MCの仕事を断っていました。
アイドルという仕事の楽しさと、自分の帰って来られる場所を想った結果でした。


みんな、よく集まれたな、と思います。
そのために社長にまで掛け合った千早はすごい。
社長も相当の無理をしたのでしょうね。


そのころ、春香は、幼稚園児といっしょに歌っていました。
どこか、よく知っている人に似ている子供たち。
ちょっとしたことからけんかになりかけたのを諌めようとして、ようやく気づきました。
“みんなで、たのしく”
春香が、アイドルになりたかった理由に。
そして、今、自分がほんとうにしたいことに。
いつかの自分に導かれ、春香は歩きだします。


二人の春香が電車で移動しているシーンに、千早の話が重なります。
ふと、見つめあう二人。何かが通じたのでしょう。

二人以外の乗客がいない電車の中と、765プロの今の忙しさを象徴するかのような、3枚の広告が映しだされます。

俺はここでもじーん、と来ました。ここのBGMに『まっすぐ』は反則です。
春香の想いを代弁し、そしてそれを自分の願いであると言う千早。かつて歌を失いかけたときに、みんなが手をさしのべてくれたことへの感謝をし、
「今の私にとって、765プロのみんなは新しい家族なの」
なかなか口にできなかった想いを言葉にします。
そして、今度は自分が手をさしのべる番だ、というように、みんなにあるお願いをします。

千早も、前に進んでいるのがいいと思いました。かつての千早ならこんな話はできなかったでしょうし、大切な“家族”のために自分からみんなを動かすなんて…。


そのころ、二人の春香はとある場所へ。すっきりとした表情で、想いを言葉に。
「みんなで、みんなで」という姿勢を嫌がられることが怖かった、という春香に、幼き日の自分が「大丈夫だよ」と。
いつのまにか、ステージ衣装を纏った春香と、765プロのみんなの姿が目の前に。
「だって、わたしは、みんなを信じてるもん」
笑顔でそう言って、春香の手にキャラメルを一粒のせました。
「だいじょうぶ」
たった6文字のエールを受け取り、春香は、走りだします。

春香が歌う、『さよならをありがとう』をバックにしたこのシーン、とてもいいと思います。
春香が解放されて、ほんとにほっとしました。


雑踏の中、街頭モニターでニューイヤーライブの宣伝が流れています。春香はそれに気づいて足を止めます。
宣伝だけかと思っていると、まさかのみんなから春香へのメッセージ。千早が考えていたことってこれだったんですね。
「待ってるよ!」
「わたしたちの場所で!」
この千早と美希の言葉に春香は力強く頷いて、また走りだします。
ここからはED。『まっすぐ』の合唱バージョン。今までの名シーンが浮かびます。
曲が終わり、事務所の前にいるアイドルたちが映しだされます。
そして、いつものOPのように、目の前から撮った事務所。春香の「ただいま!」にみんなの「おかえり!」で、幕引き。最終回の予告です。


いやぁ、ほんとによかったですね。
たぶん春香には時間が必要だったのでしょう。様々な渦の中で見失っていた自分を見つけるために。

春香がプロデューサーの事故のあとにあんな風になってしまったのは、ある意味春香だったからこそなのかも知れません。
強い自責の念と、今プロデューサーのために出来ることの狭間で、春香はライブの成功を選んだんじゃないかと思います。時間的にも精神的にも余裕がなかったからあんなに無理矢理で強引な手段に出ようとしたのではないのかな、とも思います。

そして、春香が自分を見失ってしまった理由。俺は“焦り”があったのだと思っています。
“歌うため”にアイドルになった千早。“天才的な才能”を持つ美希。“家計を支える”ためにアイドルになったやよい。“自分の証明”のためにアイドルになった伊織。“女の子らしくなる”ためにアイドルを目指す真。“自分を変える”ためにアイドルになった雪歩。“運命の人に見つけてもらう”ためにアイドルになったあずささん。“自分のままに”アイドル活動をする亜美と真美。“揺るがぬ決意”を持った響。“故郷の期待”を背負う貴音さん。
じゃあ、春香は?となると、それが見えづらくなって。何かを背負うわけでもなく、特出した才能があるわけでもない。春香は、ただ、歌が大好きな、どこにでもいる“普通”の女の子なんですよね。

みんなで仲良く歌っていたい。

春香はこれを想ってアイドルという道を選びました。
とても純粋で、ゴールが見えない目標。だからこそ、確実に前へ進んでいるみんなを見て焦っちゃったのだと思います。

また、『みんなでいっしょに』進もうとしている春香は、忙しいとは言え、みんながばらばらになるのが怖がっていました。

そんな春香の想いにに気づいていたのは千早とプロデューサーだけのようでした。
不器用ながらも、自分の大切な“家族”にそれを伝えた千早はすごく立派だったと思います。

23話と24話は、まるで、20話の鏡映しのような回でした。

ただ、一つだけ。
24話、これは30分じゃ足りなかったように思います。
なんとなく駆け足な展開だったような…。
春香の苦悩と再生が24話と25話、最終回を26話ってできなかったのかな…?
まあ、そんなことは気にならないくらいの神回だったことは確かです。

そして、残すは最終回のみ。
楽しみだけど、終わりを迎えたくない。とても複雑です。

気づけばかなり長々と書いていました。
かなりぐちゃぐちゃで訳わかんない文章になっておりますが、どうかお許しを。

それでは。
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

No title 

えーまだやってるんですね。ということは私のレビューはネタばれになってたんですね。
三浦あずさ役のたかはし智秋さんが今週より『ギルガメッシュLIGHT』のレギュラー(先週はセクシー声優としてゲスト出演)になりました。BSジャパン金曜23時です。声優さんの顔出しもいいですよ。
  • Aspecchi 
  • URL 
  • at 2012.01.22 13:15 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

緋龍

Author:緋龍
のんびりといろんなことを書いてるブログ。
最近の仕事はプロデューサー。仕事場所はアイマスSP。



俺の妹がこんなに可愛いわけがない
こんなアニメもあるから観てくださいね!

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
小説・文学
13460位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
オリジナル小説
3847位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

当ブログはブログランキングに参加しています。 ぽちっとしていただけると嬉しいです。

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。